2009年01月27日

階段

先日の話。
生まれたばかりの赤子を拝見する。
たまらん。
愛いのよ。
「愛いのぅ、愛いのぅぅう。」と連呼してしまった。
最高じゃんね、赤子。
なんか、人の家の子なんだけど、なんかね、「頑張らなくちゃな、父さん!」って思ったよ。
俺、やります。
精一杯頑張ります!
なので、可能な限りの禁止事項を制定。

1、弱音は吐かない。
2、すぐ怒らない。
3、政治・環境・福祉についてもっと考える。
4、酒量と喫煙量を減らす(出来るだけ人並みに)。
5、禿げない。

よし、いいね。
これが出来たら娘だろうが息子だろうが、好かれるに決まってる。
特に5なんかは重要だよ。
自分の子が、「お前の父ちゃん、ハゲな。」とか、理不尽なイジメを受けないようにね、今からアポジカまっしぐらだよ。
バンバン叩いて毛穴活性化ね。

で、その後、祖母の家が近かったもんで、死んだりしてないか確認しに行く。
良かった、生きてる。
しかもだいぶ元気になってる気がした。
相変わらずうちの母系独特の口の悪さで毒を吐き散らしてましたわ。
いやぁ、まだだいぶ生きるな、ありゃ。

そんなこんなで祖母宅に居たら、見知らぬ3歳児が突入してきた。
よくよく見ると、従姉の娘じゃないの。
でけぇ。
すげぇ喋る。
つーか、いつの間にこんなに巨大化したんだ?
そして、なぜかヤドカリを手に持ってる。
ヤドカリについてマシンガンのように説明してくる。
ババァ(3歳児からすると、曾祖母)が、それを見て嬉しそうにしながら毒を吐く。
俺は飯を食いながらやり過ごす。
3歳児もババァもどんどん加速。
うるせぇ。
飯食わせろ。

・・・でも、なんか良かったよ。
当たり前なんだけど、脈々と繋がってんだなぁって思った。
最近やっと、大人の階段を猛スピードで昇ってる気がする。
なんか結構、楽しいぞ。
楽しいって言っても楽とかじゃなくて、自分の受け止め具合がね、結構しっかり受け止めれてて悪くないなぁって。
そうは言っても、まぁ、だいぶ甘ちゃんなので、もっとしっかりせなあきません。
とにかくね、今は目の前にある一つ一つをキッチリと対応していこうと、改めてそんな事を思わせて貰えた一日でございました。
みんな、どうもありがとう。

ヤドカリ
前述のヤドカリ。
posted by だーます at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。