2009年01月23日

嬉しい出来事

先日、友人にめでたい事が起きました。
めんこいめんこい娘っ子を産み落としたのですね。
ほんとに良かったですわ、母子共に無事で。
心からどうもおめでとうございます。
そして、娘っ子よ、どうもこの世へいらっしゃいませ。

んで、思った。
駄目だな、こんな世の中じゃよぅ。
あの仔が育っていくにあたり、支障があり過ぎる。
大人が何とかしてやらな、いかんですよほんとにもう。
と、ふとそんな事を感じた自分に老いを感じて、オイオイ(老い老い)って突っ込んだり。
・・・ほら、こういうこと書くあたり、症状は結構進行してますわな。
でもなぁ、本気でそう思っちゃったんだもんなぁ。
自分の子じゃないのにこんな風なんだからねぇ、それこそ自分に子供なんか生まれた日にゃ、ちょっと大変だやね。
しかしさぁ、気持ちがなえる様な事件や話が多すぎるんだよ。
まぁ、マスコミの姿勢がさ、「伝える」っていうよりも「煽る」だからね。
余計にそう感じてしまうのだろうけど。
もっとこう、フラットな情報を伝えてくれる媒体は無いもんだろうか。
余計な思想や感情なぞいらんから、ニュートラルな情報をくれ。

という理由もあり、僕はテレビを捨てたのです。
でも、子供に「テレビ見たい!」とか、「なんでうちにはテレビが無いの!?」とか言われちゃったりして、しかも「増田んちはテレビ無いから」なんて理由で理不尽なイジメを受けたりして、「お父さんなんて、大っ嫌いだぁぁああ!!」とか言われたりして・・・

て、やだな、それ。
・・・あー、テレビ買うかな。
ぬぅ、まじ悩む。
posted by だーます at 12:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。