2008年03月31日

直線と流線

気が付けば、あっという間に3月も終わりです。
早いですねぇ。
4月27日の10周年記念のワンマンライブに向けて、着々と準備も進めてます。
今のところは順調です。
お楽しみに。

さて。
先日、8月のワンマン・第二幕を開催させて頂く「メイプルハウス」へ行きました。
保坂氏と打ち合わせといいますか、改めて確認といいますか。
ベクトルの擦り合わせです。
そういう事を怠らない様にしたいと思って、行動すると偶発的にいい事も起きるようです。
久しぶりに三橋"モンチ”準人と会いました。
びっくりしました。
でも、こういう偶然は結構うれしいです。
少し落ち着いて、ゆっくりと最近の事を話した。
何か饒舌になってしまった気がする。
恥ずかしい。
でも楽しかったから、いいのだ。
で、陶山さんにも改めて挨拶した。
今更ってのが、ちょっと不思議。
嬉しい偶然が重なったもんでホクホクしながら帰宅しました。

別の日。
4/6に出演する高円寺HIGHに向けたリハーサル。
個人的に迷いが吹っ切れた感があるのですね。
自分の行き先が頭より先に体が発していて、それを受けた頭が結論付けたとでも言いうのか・・・何のこっちゃ?ですよねぇ。
すいません。
ある種の没個性の中にある個性を見出したので、僕は酷く上機嫌でありましたが、体は酷く疲労した模様です。
が、やっと決心が付きました。
直線系のフォームと流線型のフォームを使い分けないといけないんですが、習得するにはもう少し時間が必要かも。
ただ、4/27には間に合わせたいですね。
御大の影が見え隠れするとも思います。
御大?
それは企業秘密。
ボンゾでは無い事は確かです。
僕と非常にマッチしていると思います。
あ、近藤ではありません、あしからず。

最近、非常に有意義な出会いが多く、何かと感謝する事が多いです。
適正な距離みたいなものの測り方は相変わらず苦手なのですが、少しずつ少しずつやっていこうと思います。
地道に勝る近道は無い、そんな心境です。
とにもかくにも、全ては4/27のワンマン・第一幕へ向けて注いでいこうと思います。
是が非でも、その場に居て下さい。
「是」が、「非」でも、ですよ。
「非」だったとしても、「是」にしてですね、会場で僕等を観て上げて下さい、って意味です。
宜しくお願いします。

2008年4月27日(日) 下北沢GARAGE
Riverside50/50 10周年特別企画ワンマンライブ・第一幕
〜OPENING CEREMONY〜
openig guest : GO on SAFARI
OPEN / 18:30 START / 19:00
前売券 ¥2000(+drink)
当日券 ¥2300(+drink)
posted by だーます at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

今、出来ること

前回の記事を書いて改めて思った事は、自分に出来ることを精一杯やるのみという当たり前の事でした。
必ずそれが実を結ぶと思います。
何故、そう思うのかは、また後日・・・もしくは僕と直接お話しましょう。
って、そんな場はあるのか?って話ですねぇ。

さて、そういう訳ですから、自分の目の前にある事を精一杯やります。
ここからはギアを上げて、声高らかにやっていきます。
よろしくお願いします。

まずは、現状のおさらいをしたいと思います。
以下を日付を順に追ってご一緒に確認お願いします。

まず、明後日。
3/27日よりローソンチケットで4/27のワンマンライブのチケットが販売開始です。
少し遠くから致してくれる方達の為に、念の為ご用意させて頂きました。
もちろん近くにお住まいの皆様も購入頂いて全く問題ございません。
でも、近隣の方や遠出が好きな方は、もう少しお待ち頂くと・・・後ほど説明しますね。

そして次。
4/6に高円寺HIGHでのライブが控えておりますね。
これは、僕が個人的にも対バンを熱望していた「チャーリ−バイセコー」も出演します。
他にも魅力的なバンドさんが盛りだくさんで、合計6バンドも出演するそうです。
凄いですね。
ここで、僕らの話になりますが、この日は普段と違う状況でお送りしますよ。
鍵盤ドを入れてやります。
只今鋭意準備中です。
是非お楽しみに。

翌週の4/13。
この日は、僕らのニューシングル、「indian lady / amazing story」を下北沢のハイラインレコードで限定発売致します。
価格はなんと、300円。
ワンコイン以下。
収録曲は最近のライブで盛り上がることこの上ない、この2曲をご用意しました。
如何ですか、この2曲。
出来も限られた状況下で作成しましたが、非常に良い出来であると思います。
そして・・・このCDをご購入頂いた先着20名様(?)へ、4/27のワンマンライブのチケット代500円割引き券を同封します。
今まで僕らの音源を聴いた事が無い方や、名前だけご存知でいた方も、これを機に是非とも僕らの音楽に触れて頂ければ・・・と、そんな気持ちを込めたサービスです。
詳しく決定しましたら、また後日情報をお知らせします。
まぁ、シャイな僕らからのサーヴィスです。
サーヴィス。
響きが好き。

最後に・・・全てはここに向かって動いてますね。
そして、ここが出発点になります。

2008年4月27日(日) 下北沢GARAGE
Riverside50/50 10周年特別企画ワンマンライブ・第一幕
〜OPENING CEREMONY〜
openig guest : GO on SAFARI
OPEN / 18:30 START / 19:00
前売券 ¥2000(+drink)
当日券 ¥2300(+drink)


この日、第一幕が開きます。
僕らの10周年、自分も最高の幕開けを期待してます。
期待出来るようなライブに今、色々と準備もしてます。
非常に楽しいです。
味わいに来て欲しいです、このセレモニーを。
僕らも最高の演出を、最高の演奏をもってお応えしたいと思っております。
心よりご来場、お待ちしております。

さて、ここで。
今まで、情報の公開を遅らせてきましたが、解禁してしまおうと思います。
上記で述べたように、今回は第一幕です。
つまり・・・第二幕も用意しております。
第二幕は8月。
そこでは、僕らから皆様へお送りするのは・・・なんと、演劇とのコラボレーション。

ライブ構成を2部に別け、僕が見初めた脚本家さん、役者さんを交え、僕らの10年間を演劇としても表現してしまおうという、何とも無謀な大構想です。
足掛け1年です。
場所は何処でやるのか?
これはですね、この企画の趣旨や意気込みを思い切り受け止めてくれたライブハウス。
学芸大学のメイプルハウスで敢行します。
メイプルハウスを縦横無尽に駆け巡るエンターテイメントを。
メイプルのプロデューサー/企画制作マネージャーである保坂嘉秀(ホサカヨシヒデ)氏と共に、色々と凶暴に共謀していきます。
これが、Riverside50/50 10周年特別企画ワンマンライブ・第二幕の概要になります。
いかがですか?
おもしろそうでしょ?
是非、お楽しみに。

最後。
Riverside50/50 10周年特別企画ワンマンライブ・最終幕について。
これは今年の12月を予定しています。
今までの僕らの中でも一番大きい場所で、フィナーレを迎えたいと思ってます。
現在、その下準備にも余念が無い状況です。
Riverside50/50にとって、まさに集大成だと思ってます。


以上、これが僕らの10周年、2008年の活動予定です。
心から全て来て欲しいです。
僕らを観てあげてください。
ほんとうに宜しくお願いします。

まずは、4月27日。
下北沢GARAGEでお会いましょう。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

無題

チベット暴動について、とにかく今は、やりきれない気持ちで一杯です。
気持ちが沈んでます。
祈るしかないし、無力感に落ち込むし、どうしたらいいのか・・・
とにかく、あの暴動は辛すぎます。
チベットという国は、いつになったらこんな悲しい事が起こらなくなるんでしょうか・・・
そんな事を考えてる間にも、飯も喰べたし、ドラムも叩いたし、夜も寝たし、酒も飲みました。
少なからず、「ずっとこの事ばかり考えてる。」なんて嘘はつきませんが、瞬間瞬間で思いが巡ってしてまって、最近どうも調子が良くありません。
ソワソワしてしまってます。
今もそうです。
ブログを書こうと思って、頭を巡らせた瞬間、持っていかれてました。
参りました、これは。
祈るしか出来ないんです。
無力ですね。
残念極まりないです。
せめて、このブログを観た方にも、このメッセージが届いてくれる事を願います。

【ダライ・ラマ法王のメッセージ】2008年3月18日

この場をお借りして、チベットで起きている悲しい事態を憂慮してくださる世界各国のリーダー、国際機関をはじめとする人々に心からの感謝を申し上げます。また、デモ参加者への武力行使を抑制するよう中国当局に説得を試みてくださっていることに深く感謝申し上げます。

チベットでの抗議行動を私が指揮していると中国政府が非難していますので、事実を明らかにするためにも、中国の代表団を混じえたしかるべき機関による徹底調査を行なうよう要請します。そのような調査機関に、チベット自治区、チベット自治区外のチベット圏、インド・ダラムサラの中央チベット行政府を訪れていただくことが必要です。国際的なメディアが調査に加わるならば、国際社会はもちろん、無検閲の情報を入手できないでいる10億人以上の中国人にチベットで実際に起きていることを明らかにすることができ、極めて大きな助けとなります。

意図的であるかどうかにかかわらず、私は、チベットで起きていることは文化の大虐殺だと思っています。チベットでは、チベット人のアイデンティティーが絶えず攻撃に晒されてきました。チベットに非チベット人が大量流入した今、チベット人は自国に居るにもかかわらず、わずかな少数派へと減じています。 言語、文化、伝統などチベット独自の文化遺産が刻々と消えています。中国政府は国家を統一するどころか、チベットをはじめとする少数民族に対する差別を行なっているのです。

チベットにおいて僧院はチベット仏教文化の宝庫であり、学びの場であることは知られたところですが、その僧院の数も僧侶の数も深刻なまでに減らされています。かろうじて残っている僧院においても、チベット仏教の本格的な勉強をすることが禁じられており、学びの要所である僧院に入学することすら厳しく規制されているのが現状です。現実問題として、チベットでは宗教の自由がないのです。わずかな宗教の自由を求めることさえ、分離主義者のレッテルを貼られることを覚悟しなければなりません。チベットには真の自治がありません。中国の憲法で保障されている基本的な自由すらないのです。

チベットで起きているデモ抗議は、中国当局が地域住民の感情を公然と無視するなかで長年抑圧されてきた住民の憤りが自然発作的に爆発したものだと私は思っています。中国は、抑圧をさらに強化することが「長期の統一と安定」という目標を達成する方法なのだと誤解しているのです。

我々側は、中道のアプローチを続行し、チベット問題について中国と対話を行なうことでチベットと中国の双方にとって有益となる解決を図る所存です。

ゆえに、国際社会に対し、対話を通じてチベット問題を解決したいという我々の努力にご支援を賜りたく思います。そして、武力行使を最小限に控えるよう、また、逮捕者を公正かつ適切に扱うよう中国指導部に呼びかけていただくようお願い申し上げます。

【ダライ・ラマ インド、ダラムサラにて】

僕は、ダライ・ラマ14世を支持します。
あの人が、個人的に好きなんです。
今回の件は、大変難しい問題ではあると思いますが、無視はしちゃいけない問題だと思います。
そして、今は何よりも犠牲者の冥福を祈ります。
偽善的だろうが何を言われようと、この問題に関しては声をあげます。
「チベット」という「国」に起きている異常な問題を、僕自身も更に認識していけたらと思います。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

沸き上がる脳

何故かLED ZEPPELINの『Kashmir』が鳴り止まないんです。
もうさっきからずーっとです。
たまに違う曲に切り替るのですが、また元通り。
だいぶヘヴィなローテーションです。
「ヘヴィ」ってカタカナだと来るなぁ、何かと。

最近、「らっせーらー」という響きにやられてます。
どうにも太刀打ち出来ません。
困ります。

「岸部一徳」が気になって仕方がないのですが、何で急にこうなったのか自分でも良く解りません。
You tubeで拝めるザ・タイガースの「シーサイド バウンド」のサリー(一徳)のシャープさを、出来うる事なら皆さんにも体感して欲しいです。

あ。
ザ・タイガースを観ていたら、オレンジズが観たくなりました。
「オレンジズが観たい」と、周期的に降りてきます。
年に4回ほど降りてきます。
今は、春先のソレです。
だいたい季節の変わり目に来ます。

特に書く事が無かったので、とりあえずツラツラ書こうとしてたのだけでしたが、おおよそ自分の趣向を改めて認識しましたね。

そういえば週末、僕は栃木へ行きます。
何故、栃木なのかと言いますと、在り来たりな理由ですが両親が住んでいるからです。
と、ここで一応説明しておきますが、僕は生粋の東京生まれ東京育ちです。
念を押して説明しますと、個人的にも非常に残念でなりませんが、かの足立区出身です。
母方の祖母は未だに住んでいます。
で。
何故両親が栃木に居るのか。
理由は簡単。
母親が東京に飽きたから。
「飼っている犬や猫がその方がいいから」だとか、云々理由を言ってきますが、まぁ、単に東京って場所に飽きたってのが一番でしょう。
その辺の理由も無くは無いとは思いますが。
母親については、ちょっと頭が可笑しいのではないかと思うくらいの遊牧気質ではあるのですが、栃木に越して約2年。
取り立てて音沙汰も無いので僕も安心していましたが、遂に来ましたね、この前。

「修善寺にいい物件がある。」

という、気が触れた様な発言をしてました。
なおかつ、栃木に越して頭の中身が沸き上がった様子で、

「1000万、出せる?」

と、普通に聞いてきました。
沸騰してますね、脳が。
残念ながら僕にはそんなお金は無いので、冷静にそして克明に自分が言っている言葉の異常さを諭しておきました。
まぁ、脳がポコポコと煮沸しているので、あまり納得はされませんでした。

そんな訳で、彼女の病状を確かめに栃木へ行ってきます。
あんまりにも訳の分からない事を言う様であれば、裏庭に生えてるであろう竹の子を鼻の穴から突っ込んできます。

ではまた。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

更なる、高鳴る、重なる。

「PLANET K」でのAlternative Medicine企画にご来場頂いたみなさん。
どうもありがとうございました。
個人的には久しぶりの場所でしたが、バンド自体としては初めてでしたね。
如何でしたか?
ともかく、Alternative Medicineの皆さん、CDリリースおめでとうございました。
心意気を感じるCDです。
皆さん、機会があれば手にとってみて下さい。
何かと伝わると思います。

さて。
三月も半分が終わりました。
あっと言う間です。
それはつまり、Riverside50/50のワンマンライブも着実に近付いて来ているという証拠ですね。
既に諸々の準備、進んでおります。
そういう訳で、下に今現在で発表している事柄を改めて挙げさせて貰いました。
ライブでしか言ってなかったりしますので、この機会にご確認下さいませ。

・4月27日、Riverside50/50 10周年記念特別企画ワンマンライブ・第一幕〜OPENING CEREMONY〜
⇒言わずもがな、です。是非ともご来場下さいませ。

・4月27日のワンマンライブのローソンチケット発売日時が決定です。Lコード:74829(3/27発売)です。
⇒早目に購入してくださると嬉しいです。

・4月上旬〜中旬、NEW single CD発売決定です。
⇒曲目は・・・まだ秘密(笑)。HPで近日中に発表されるはずです。CDジャケットもすんごいです。

まぁ、とりあえずはこんな感じです。
いや、モリモリと気持ちは上がってきてます、確実に。
それと、すぐにでも発表したい事があるんですね。
これは、確実にワンマンに来たくなってしまうような出来事。
出来事、というよりも、僕等からのプレゼント。
協力者は、とある映画監督。
ラフではあるけど、ほぼ完成間近のソレと観ましたが、最高の出来栄えです。
うー。
早く言いたい。
でも我慢。
ジレンマだなぁ。

なので、他で補う事にします。
今年の8月24日。
必ずご予定を空けておいて下さい。
Riverside50/50が送る、空前絶後のエンターテイメント。
構想1年、制作期間6ヶ月・・・
入場者数を最大70名(予定)と限定したこのイベント。
この夏、何かが起きます。
現在、鋭意各ジャンルの才人達と暗躍中です。
是非是非、何が起こるか楽しみにしてください。
早ければワンマンライブで発表出来ると思います。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

白日夢

ライブが近づいてきています。
3/16は吉祥寺の「Planet K」でライブ。
今回は「Alternative Medicine」のCDリリースの場へお呼ばれしました。
出番は1番目。
18:30〜になります。
以下、改めて詳細です。

2008年3月16日(日)  吉祥寺Planet K
「Alternative Medicine Presents
キノコカプセルVol. 9~リリースパーティー~」
w/Alternative Medicine /trademark
OPEN 18:00 / START 18:30 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


最近の僕らはライブ毎にテーマを明確に持って挑んでます。
今回も今までに無いなぁ、と思える仕上がりになると思います。
競馬で例えるならば、「坂路3本追い」ってくらいの気持ちで仕上げに掛かってます。
って、解り難いですよね。
非常にハードに鍛えているよ、って意味です。
我ながら楽しみです。

さて。
唐突ですが、白日ですね。
3/14って事をすっかり忘れ去ってました。
あー。
義理にしても何にしても、頂いた気持ちにはお返しをしなくては。
なんて、素直に思う事にします。
考え過ぎは良くない。
企業に踊らされていようと、頂いた気持ちにはお返しをしたいもんです。

※決して、「お返しは必ずするから来年は下さい。」って、意味ではありません。



とかって書くから誤解されるんだよね、きっと(笑)
posted by だーます at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

幸せの法則

「市民公園内でのセックス合法化へ」 アムステルダム・オランダ

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2362833/2721858?blog=seesaa

相変わらず途方も無いルールを打ち出す国ですね。

そういえば、僕の知り合いにも、自宅前の公園で・・・
って、止めましょう。
そんな話はどうでもいい。

さ。
次のライブが近づいてきました。
16日は、吉祥寺へ。
以下、詳細です。

2008年3月16日(日)  吉祥寺Planet K
「Alternative Medicine Presents
キノコカプセルVol. 9~リリースパーティー~」
w/Alternative Medicine /trademark
OPEN 18:00 / START 18:30 
前売券¥2000 / 当日券¥2300

土曜日は雨だそうです。
雨の吉祥寺。
いいんじゃないですかね?
何が?って話ですね。
恐らく「響き」の問題かと・・・
あ、そうそう。
当日はビンゴパーティーもあるそうです。
僕等からも一品持ち寄ります。
「持ち寄り」ってのが、何だか鍋っぽくていいですね。
楽しみです。
「鍋」で思い出しましたが、先日、ナベロックカーニバル(ダイナマイトオレンジ)さんから留守電が入ってました。
内容は秘密。
だけど、いずれ公開出来る内容なので、もう暫くお待ち下さい。
さて、何でしょう?

ところで。
唐突ですが、大学時代の先輩からメールが来ました。
内容は、4月27日のワンマンに向けての激励。
それと、「お母さんになる」って。
とても驚いた。
驚きすぎて、未だ返事が出来ていない。
う〜ん・・・
こういう時は、素直に「おめでとう!」で良いのか?
はたまた、何か気の利いた一言を捻り出すべきか?
そんな事を考えてみたものの、結局は「おめでとう」以外の何物でも無い事に気が付いたので、今から返事をしようと思う。
それにしても・・・
産まれてくる赤子は幸せだ。
だって、お母さんが可愛いんだもの。
無事に産まれて来て下さい。
そしたら君の人生、十中八九は幸せだろうな。
良かったねぇ。

今日は新宿でとある脚本家とミーティング。
何をするかはまだ秘密。
水面下では、色々と蠢いてます。
期待と不安の消えない2008年です。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

忘れ物を忘れる者

最近よく行く、とあるカフェ。
まぁ、元来カフェなんて柄ではないけども。
なので、理由は待ち時間を潰す為。
が、しかし。
この時間が、とても気に入っている訳です。
手帳を広げ、現在地確認とでも言おうか、そんな心境です。
何か落ち着くのです、ここのところ。
こういう時間はいいですね。
改めて気が付くことがあるから。
ゆっくり考えたらいいのだ、何事も。
余裕が大事ですね。
とか言いつつ、基本的に余裕の無い人間であるですが・・・
そこはね、ほんとうに残念でならないなぁ。
さておき、そのカフェの喫煙席は空席が多く、非常に快適。
電話をしてても全然平気。
ゆっくり話をしたい人と電話。
気持ちが改まる。
とても有意義。
押し付けることなく、じっくり考える。
相手の言葉にゆっくり耳を傾ける。
なるほど。
そういう事か。
同時にいくつもの事をしようとすると、悲しいかな「余裕」なんてもんは何処かに飛んで行く。
で、それをそのままにしてはいけないって事か。
こんな柄でもない事を思案した直後だというのに、少ししたら別の何かを考えていて、得てしてそれに没頭していたりして忘れているんだろうなぁ。
残念だ、これは。
余裕が無いってダメなんだぁ。

と、そんな事を思ったので、忘れないように書き記しておこうと思った次第です。

って事すら忘れかねないから、それも書いておくのでした。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

そこにある

先日の話。
GARAGEの受付に置いてあったCDを頂く。
去年、僕が大いに悩んでた、というより過渡な時期に、GARAGE/出口さんの好意で直接拝見させて貰った方の無料配布CD。
もうなんか、ステージから醸し出されるスタイルやら何やら、持って行かれてました。
何かそれを外に出すのが勿体無くて直ぐに帰宅した記憶がある。
その後もライブがある度に、行こう行こうと思いつつ中々観に行けなかったんです。
で。
CDが置いてあれば持って帰りますよね。
持って帰ったら、そりゃあ聴き込みますよね。
やはり、素晴らしいのだ。
あんまりあーだこーだ書いて胡散臭く思われるのも癪なので、書きたくないのだ。
これがまた、今という僕が過渡な時期にこのCDが手元にあるのだ。

つまり、そういう事なのだ。

次のライブは必ず観に行こう。
機会があれば、とても感謝している事をご本人に言わせて貰おう。
思い悩んだ先にあったのは、案外単純な事だったりして、そして当たり前の事だったする。
毎年この時期くらいに個人的な人生指針のテーマが決定してますが、今年もテーマが決定。
内容は書きません。
少し晴れやかな気持ちなのは間違いないです。
Riverside50/50については、無論邁進していきます。
よろしくお願いします。

今週末には早くもライブです。

2008年3月16日(日) 吉祥寺Planet K
「Alternative Medicine Presents
キノコカプセルVol. 9~リリースパーティー~」
w/Alternative Medicine /trademark
OPEN 18:00 / START 18:30 
前売券¥2000 / 当日券¥2300

全力でいきます。
ご来場、お待ちしてます。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

終わりは始まり、始まりは終わり

あっ。

と言う間に8日の「GOLD」でのバタフライとの対バンが終わり、GO on SAFARIのワンマンのゲスト出演も終わった。

最近のRiverside50/50は自分達に課したテーマみたいなものがだいぶ明確になってきている。
で、それに対して少しずつ少しずつ結実していっていると思う。
良いことだ、これは。
たぶん、今のRiverside50/50のライブであれば、観てくれた人に何かしらを訴えられるものであると思う。
まぁ、傍からみてみなきゃ分からんけんども。

SAFARIのワンマン。
キノシタくん、どうもお疲れ様でした。
他の出演者の皆さんも。

で、そこでやっぱり思う事は、4/27にあるRiverside50/50のワンマンへ繋がっていく。
ワンマンをやる事の意味やら何やら考えてみたりしてますが、結局のところは、僕等、ワンマン大好きなの。
極論言いますと、それだけよね。
ワンマンライブ?
ワンマンショウ?
どっちでも良いか。
内容はモチのロンでこだわりますけども、来てくれるだけで本当に嬉しいの。
観てもらいたいんだね、何よりも。
「楽しんでください」とか「楽しませたい」というよりも、「観に来て下さい」なのね。
もう少し手前の話。
「観てもらえたら、僕ら精一杯やりますよ」って。
恐らく1人でもやるね、本気で。
そういう所存だと思う、Riverside50/50ってーのは。
まぁ、3人とも主義主張が見事に違う方向を見てるんだけど(笑)
そういう支離滅裂さも僕等の魅力であれ、って願います。

と、そんな事をTバックを着用しながらオッサンは思うのでした。
今年で27歳。
まだまだ走り始めたばかりです。

2008年4月27日(日) 下北沢GARAGE
Riverside50/50 10周年特別企画ワンマンライブ・第一幕(仮)
〜OPENING CEREMONY〜

これだけは是非。
何があっても観に来て欲しいです。
お願いします。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

情報ミス!!

まずは、遂に明日と迫ったこのライブから!
楽しみ過ぎんぞぉ、盛り上げ必死やね。

2008年3月8日(土)@下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/butterfly inthe stomach/Stereo Fabrication of Youth / opening act:SOUND COORDINATION /
OPEN 18:30 / START 19:00 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


っと・・・ここで衝撃が走る。
ここまで何度も上のフォーマットを利用して告知しとりましたが・・・時間が間違ってる!!

「OPEN 18:30 / START 19:00」

訂正します。
正解は・・・

「OPEN 18:00 / START 18:30」

そういう訳で、正確には18:30からのスタートとなります。
本当に申し訳ないっす。
危ないなー、何かと。
危うくSOUND COORDINATIONが見れない時間をそのまま提示し続けるところだった・・・
面目無いっす!!
SOUND COORDINATIONの皆さん、ごめんなさい。
まぁ、ここは、18:30にスタートなんだって事が余計浮き彫りになったって事で、良しとしてくれないかなぁ・・・駄目すか?
よーし、このブログをSOUND COORDINATIONの皆さんが見ていたとして、恐らく明日直接会った際にこの事について触れられたら、ちゃんと謝りますよ!
まず見てないと思うけどねぇ。
ふふふふふ(観てたらどうしよう)。
だから、みんな内緒ね。
スルーして下さいよ。
小野くんも、読んでたらその辺よろしく。

さぁ、とにかく明日は凄く良いライブになると思うので、御予約がまだな方は是非とも!
当日になってフラッと来てくれてもいいですよ!!
「Riverside50/50を観に来ましたー!」って、受付で言ってくれれば何とかしますぜ!!
よろしくね。

さて。
続きまして、こちらの画像をご覧下さい。

kino.jpg

GO on SAFARI/キノシタタカト、その人です。
ワンマンライブを数日後に控え、憔悴した様子の彼。
会話の節々にその具合が伺えます。
そうそう。
「7時間も唄い潰した」と言っていたので、龍角散のど飴を買ってあげました。
まぁ、彼が「小銭が無いの・・・」と言うからですがね。
普段なら買わないもーん。
さ、身を粉にして奮戦している、そんなキノシタくんのワンマンライブもすぐそこ!!
皆さん、冷やかしでもいいので来て下さい。
僕も出ますねん。

2008年3月9日(日)@下北沢 GARAGE
'SCREAM vol.16ーGO on SAFARIワンマンライブ'
GO on SAFARI
オープニングアクト:あきよしふみえ
ゲスト:藤沢朋幸(from 東京パレード) / 大畑修一(Riverside50/50) / 増田隆浩(Riverside50/50) / 水野創太(EdBUS)
OPEN 18:30 / START19:00
前売券¥2000 / 当日券¥2300


あ。
彼のブログに僕の画像がアップされてますが、なんか映り方のせいなのかもしれまへんが、しゃくれているように見える。

「Kinoshita Takato.inc」
http://goonsafari.syncl.jp/


しゃくれー。
あ。
綾瀬はるかのアゴが本当に好きだなぁ、っと相変わらず思っているのですが、生茶だか何だかの電車の中吊り広告。
あれは駄目だ。
全然分かってない。
左手だか右手だか良く分からんけど、あのすんばらしいアゴが隠れてしまってんの。
アレか?
「そのアゴはちょっと・・・」的なメーカー側からの要望か?
ふざけんな。
あのアゴがいいんだっつーの。
もうね、この際だから芸名も変えて「顎瀬はるか」にしてくれっ・・・しねーよなー。
なーに言ってんだろ?
でも「顎瀬」って、少し格好良いな。
いや、良くないな(笑)!

・・・駄目だ!!
駄目だ駄目だ!!
なんだこのテンション!?
よく分からんぞ、自分でも。
キノシタの変なテンションが移ったかもしれんなぁ。
断ち切ろう、この際。
よし。
今日も会うけど、もしアイツが変なこと言いやがったらビンタしてやる。
「自分の目を叩けよ!」って言ってや・・・これは高校のA先生の口癖だろ。
あー、先生、元気かなぁ。
先生はストイチコフに似てんだ、これが。
あ。
ストイチコフって、ブルガリアの元サッカー選手ね。
分かる?
ストイチコフに関して言えば、最終的に「哲さん」って呼んでたからね。
なんで「哲さん」かって、A先生の名前が「哲」だから。
ストイチコフがボールを持つ度に、「哲さんっ!哲さんっ!」の大合唱ですよ。
そりゃあもう、得点を決めた日なんかにゃ大変でね・・・って、駄目だ!
駄目だよ、もう!!
ホント駄目!!
関係無さ過ぎる、この話題!
あー、色々と話が逸れ過ぎたなー。
どこまで戻ろうか?
よし。

もうね、この際だから芸名も変えて「顎瀬はる・・・いや、この時点でもう既に駄目だったな。
もっと前からおかしかったよな、確か。
えーっと・・・

kino.jpg

って、さすがに最初っからは無しだよなー!

もう駄目!
おしまい!!

とにもかくにも、まずは明日のライブ。
下北沢GARAGEにてお待ちしてますよー。
そしてもちろん、小野くん達と一緒にねー!!

おまけ。
下の画像はキノシタくんによる、とある形態模写。
分かった人は、明日か明後日、僕に答えを伝えて下さい。
正解者には、「Riverside50/50ステッカー」を漏れなくプレゼント(笑)

kino2.jpg
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

onononikkininotterune

あいやあいや。
このところ、小野くんの話をたくさんしていますね。
まぁ、昨日の「愛、燦々」を読んで貰ってたらお分かりでしょうけど、僕側からだけの一方的な感じじゃないのよ。(どうしよう、僕が空気読めずに押しかけているだけだった・・・)

おほほほほ。
そう思っていた矢先ですよ。
ついさっき気が付いたんだけどね、小野くんってば、自身のブログでも僕らの事を取り上げてくれているのよ。
↓コチラです。

「ONONONIKKI」
http://ameblo.jp/bis-ono


へっへっへっ。
小野くん、ありがとう。
お世話なんかしてないんだぜー。
いやー、盛り上がりますよ、8日は。
間違いない。
来ないと絶対損すると思いますよーぅ。
何かとテンションの高いライブを約束しますね、これは。
田家くん、大畑くん、そういう事だから、よろしく頼むよ!
もはや分かってると思うけどねー。
気合入れていきまっしょい!
何度もしつこいようですが、詳細をご確認下さいませね。

2008年3月8日(土)@下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/butterfly inthe stomach/Stereo Fabrication of Youth / opening act:SOUND COORDINATION /
OPEN 18:30 / START 19:00 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


もちろん、Stereo Fabrication of YouthもSOUND COORDINATIONも楽しめると思いますよぉ。
凄く嬉しい対バンですなー、改めて。
気合も入るって話しですよ!

で、で、で。
GO on SAFARIのワンマンの話。
まずはコチラをご覧下さい。

「Kinoshita Takato.inc」
http://goonsafari.syncl.jp/


いやぁ、ちょっとですね、愕然としましたよ。
ページに飛んですぐに、なんだかよく分からない太ったオッサンがドラムを興じてる風の画像が・・・まぁ、太った大畑くんなんですけどもね(笑)

「オッサンとドラム」

としか見えなかったよ、全く。
そして、PCからこのキノシタくんのHP兼ブログを見るとね、そんなオッサンの横に、マイケル・ジャクソンみたいなの(恐らくキノシタくんと思われます。7割方。)が隣にいて、もうね、何がなんだか分かりません。
景色として凄いと思うの。
でね、思ったんだけど、2人とも恐竜系なんだな、って。
プリミティブな香りがしますわね。
プリミティブ・・・分かる?

プリミティブ【primitive】
[形動]原始的なさま。また、素朴なさま。「―な作風」「―アート」

原始的なアート。
そう、2人はきっと、もはやアートな領域まで踏み込んでるんでしょうね。
そんな彼らと一緒に盛り上げていくイベント。
GO on SAFARIワンマンライブ。
詳細は以下です!!

2008年3月9日(日)@下北沢 GARAGE
'SCREAM vol.16ーGO on SAFARIワンマンライブ'
GO on SAFARI
オープニングアクト:あきよしふみえ
ゲスト:藤沢朋幸(from 東京パレード) / 大畑修一(Riverside50/50) / 増田隆浩(Riverside50/50) / 水野創太(EdBUS)
OPEN 18:30 / START19:00
前売券¥2000 / 当日券¥2300


どちらもチケット予約は、riverside50.50@gmail.comまで!
心よりお待ちしてまっす!!
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

愛、燦々

いやー、これよこれ。
愛に満ちたコメント。
みんな見たかっての。
以下、前回の「川を蝶」に寄せられた、butterfly inthe stomach/小野雄一郎くんからのコメント。
どうだ、これが愛ってやつだ!
以下、小野くんのコメントです。

『増田くんを可愛そうな奴になんて出来ません!

8日、よろしくお願いします!
なんだか何度もGARAGEで会っているので、
初めてな感じがあんまりしないんですが、
確実に初めて。いやー、やっとですね。

リバサイとお近づきになれたのも木下くんのおかげ。嬉しい縁です。

初対バン、本当に楽しみにしてます!
僕かなり気合い入ってます!
よろしくお願いします!

Posted by バタフライ小野』


あー。
愛だよ、愛。
小野くん、僕は君が大好きです。
そんな訳で、ここを読んでくれている方。
8日は下北沢のGARAGEへ、僕らだけじゃなく、愛する小野くん率いるbutterfly inthe stomachのライブも観て下さい。
下北沢の昇り竜、butterfly inthe stomach。
間違いなく今年最も活躍が期待されてるバンドです。
あっと言う間に行ってしまいますよ、あちら側へ。
以下、改めて8日の詳細ですよぅ。

2008年3月8日(土)@下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/butterfly inthe stomach/Stereo Fabrication of Youth / opening act:SOUND COORDINATION /
OPEN 18:30 / START 19:00 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


今のうちからチェックしておかないと、損しますぜぃ!
僕らも置いてけぼりにならない様に、勿論頑張りますぜぃ!

あ。
そうそう、この次の日にも大事なイベントがありますの。
小野くんのコメントにも出ていた、「木下くん」こと「キッキ木下」。
またの名を「木下SAFARI」、もしくは「GO on タカト」。
正式には「GO on SAFARI」のワンマンですなー。

2008年3月9日(日)@下北沢 GARAGE
'SCREAM vol.16ーGO on SAFARIワンマンライブ'
GO on SAFARI
オープニングアクト:あきよしふみえ
ゲスト:藤沢朋幸(from 東京パレード) / 大畑修一(Riverside50/50) / 増田隆浩(Riverside50/50) / 水野創太(EdBUS)
OPEN 18:30 / START19:00
前売券¥2000 / 当日券¥2300


あ。
これ、あきよし姐さんも出るんすなぁ。
久しぶりだし、楽しみの一つなのだよ。
藤沢くんも何やかや久しぶりに会う気がするなぁ。
水野は、大体月に一回は顔を合わせてるから、「やっぱり今月もなのね。」ってくらい。
でも、楽しみな人達が一杯で、木下くんは幸せ者じゃないか。
よかったねぇ。
始まる前からそんなことを思ってみたよ。
まぁ、きっと今頃、本人はヒィヒィ言ってると思います。
皆で彼の無事を祈ってあげて下さい。

さ。
とにもかくにも、バタフライ小野くん。
大好きだ。
これからもライブ、盛り上がりに・・・あくまで「盛り上げ」じゃなくて、盛り上がりに観に行きます。
さぁて・・・気合入ってきたなー。
全身全霊を叩き込みにいく所存っす。
まずは8日、下北沢GARAGEで待ってますぜぃ!
posted by だーます at 00:00| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月04日

川と蝶

まずは、連日の告知です。
忘れちゃ嫌よ。

2008年3月8日(土)@下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/butterfly inthe stomach/Stereo Fabrication of Youth / opening act:SOUND COORDINATION /
OPEN 18:30 / START 19:00 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


そんな訳で、前回、バタフライとの思い出を掘り起こそうと思った訳だ。
んー。
ありますな、色々。
しかしいつ頃から普通に話したりライブを観にいったりするようになったのか、思い出せないんだよなぁ。
気が付いたら仲良かった気がするし。
まぁ、木下サファリとチョコチョコと色々やり始めてからだとは思うけども。
たぶん同じくらいか、それより少し前くらいの時期から小野くんは意識していたんだよなー、確か。
木下サファリのイベントで一緒になったのが大きいな、きっと。
GO on タカト、ありがとう。
ワンマン頑張れ。
で、リバサイ大畑くんも木下サファリのイベントに出るって時に、今年冒頭に惨事ギリギリのパフォーマンスを披露した木下・小野・大畑のユニットが結成されたんだっけ?
その時は年始と違ってサファリの曲をやったよね、確か。
あれは楽しかった、うん。
まぁ、木下くんが否定するかも知れませんが、その企画は僕が「やんなよ。」って押したよ、確か。
俺が俺がだね。
良くないね。
で、何故か僕はパツパツのTシャツを着て出たな。
無駄な行為だねぇ。

で、その辺あたりからお互いのライブを行き来してるんだな。
きっかけは木下サファリ。
木下くんよー。
ワンマン、頑張ろうね。

〜木下サファリへ愛を込めて(宣伝)〜

2008年3月9日(日)@下北沢 GARAGE
'SCREAM vol.16ーGO on SAFARIワンマンライブ'
GO on SAFARI
オープニングアクト:あきよしふみえ
ゲスト:藤沢朋幸(from 東京パレード) / 大畑修一(Riverside50/50) / 増田隆浩(Riverside50/50) / 水野創太(EdBUS)
OPEN 18:30 / START19:00
前売券¥2000 / 当日券¥2300


あ、これ僕も出るんだね。
がんばるぞぉ。

そんな訳で、話を戻しますとー、僕らとバタフライはお互いのライブを観に行く事はあっても、競演する事は無かったのですなー。
あ。
個人的にはですね、藤沢朋幸・豊島圭のサポートとして、去年の夏に一緒にやってますがに。
まぁ、Riverside50/50としては初めてでんねん。
これは、本当に嬉しいのですよ。
待ち望んだよ、僕ぁ。

で、今ふと思ったんだけど、バタフライのライブ、去年やってるのほとんど行ってるんだよね、僕。
HMVのインストアに、ワンマンに、イベントに、GOLDに。
ほとんど観にいってる。
そこで思い出しました。
そういえば、もう一人同じくらい来てる奴がいますね。
あいつですよ。

水野創太、ですな。

ほとんど一緒に観てる。
で、小野くんを弄ってはキャッキャッしてる。
楽しいの、小野くん弄りは。

あー、何か水野やら木下やら出てくると色々と思い出が派生していって、軌道がぶれるな(笑)
まぁ、そのくらい楽しかったって事か。
また、明日、一旦落ち着いてバタフライに対する想いを語ろう。

とにかく、そんな僕が愛してやまない小野くん率いるバタフライとの競演がすぐそこまで迫ってるって訳。
妙に上がってきてるのだ。

待てよ。
この感じ、俺だけが一方通行な雰囲気じゃないか?
あれ、まずいね。

あー。

よし。
明日は、このブログ上に、小野くんからのコメントを貰って載せてやる。
俺だけじゃないって見せてやる。
コメント貰えなかったら、僕の事は「可愛そうな奴」とでも何でも思ってくれい!
そんな訳で、乞うご期待。

また明日。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

あはん。

どーもどーも。
3月に入り、暖かくなるに連れ何かと上昇してくる増田です。
まぁ、毎年2月は何かしらある月でして、大よそ一年の中の鬼門である事は否めないってのは、もはや自分でも諦めています。
そんな2月を何とか乗り切り、待望の3月ですよ。
まいったね、こりゃ。
何なんだろうね、この高揚感は。
それはね・・・
こんなライブが今週末に迫っているからでしょうなー。

2008年3月8日(土)@下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/butterfly inthe stomach/Stereo Fabrication of Youth / opening act:SOUND COORDINATION /
OPEN 18:30 / START 19:00 
前売券¥2000 / 当日券¥2300


来たよー、バタフライ!
遂に遂に、小野君達との対バンが実現しますなー。
このまま何のトラブルも無く当日を迎えてくれい!!
ほーんと楽しみだー。
今までは個人的にチョコチョコ一緒のライブに出たり、キノシタタカトの呼び掛けにより一緒に演奏してみたりでしたからね。
今度は互いのバンド同士でね。
いや、本当に楽しみなんですよぉ!
伝わるかなー、この気持ち。
観に来て下さいよぅ!!
お願いしますよぅ!!

今日はとりあえず、ここまで!
明日からは、僕と小野君の仲を、写真を通して表していこうか?
ヤラシイかな、それは?
まぁ、自分を盛り上げる為に、何かしらをしてみようと思います。
バタフライファンも必見な内容に仕上げます。

あ。
そうそう。
もう一つ大事なお知らせがありますぜぃ。

2008年3月9日(日)@下北沢 GARAGE
'SCREAM vol.16ーGO on SAFARIワンマンライブ'
GO on SAFARI
オープニングアクト:あきよしふみえ
ゲスト:藤沢朋幸(from 東京パレード) / 大畑修一(Riverside50/50) / 水野創太(EdBUS)
open 18:30 / start19:00
前売券¥2000 / 当日券¥2300


これね、キノシタくんのワンマンライヴ。
僕も出ますの。
盛り上げ必死でんがな。
このイベントについても、後日書かせて頂きますよぉ。
楽しみなんだなー、何かと。

ともあれ、僕が何を言いたいかって言うと・・・

マスダ、2夜連続、ご期待下さい!(by 渡哲也

つまり、そういうこと。
ま、大畑くんも何だけどね(笑)

とにかくまずは、8日のGARAGEへ、皆さんお越し下さいませ!!
待っとりますぜーい。
posted by だーます at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。