2007年09月25日

うちの子に限って。

とは、よく言いますが、僕、言われた事ないっす。
大体ですね、そんなもんです。

さて、そんなこんなで、前回の記事にライブがしたいなんて事を書いてたら、あっという間に今週末です。
以下、詳細ー。

9月29日(土)西荻窪ターニング
「prime mover vol.2」
w/slowing sun down / electra_electro / dejima / kuchubunkai / BeafLand Kingdom
OPEN 17:30 / START 18:00 
前売券¥1800 / 当日券¥2000
Riverside50/50は20:05〜となってますねー。

さぁ、そんな訳で、こちとら気合入ってます。
毎回毎回が勝負っすから。
何と勝負かっていうと、その日に同時刻に行われる全て。
例えば、テレビ。
例えば、演劇。
例えば、スポーツ。
全てのエンターテイメントの中から、僕らを選んで来てくれる訳ですよ。
そりゃ、プレッシャーです。
考えすぎじゃないと思うのだなー。
お客さんが求めるね、場面やら空気やら、その斜め上を行ける様、キッチリやらせて頂きたいと思ってます。
良い仕事、やるからには良い仕事を。
脱・アマチュア。
今年も残り僅かですが、今後はそれのみで行きたい所存です。
削っていきます。
ギリギリのエッジ感みたいなのをね、目指していきます。
恐れず、踏み込み過ぎず。
いや、もうね、最近そればっかり考えてます。
posted by だーます at 00:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

たまには言ってみよう。

最近の僕の動向。

・彼岸だってんで、祖母の住む足立区へ。
・彼岸だってんで、祖父の墓掃除。
・彼岸だってんで、祖母の家に来ていた従姪(2歳児)と戯れる。
・彼岸だってーのに、母に身体的な成長(太った)を指摘される。
・彼岸だってーのに、父に身体的な成長(太った)を指摘される。
・過度の睡眠不足の為、QUATTROのDIG ITに寝過ごし、歯噛みする。
・MIZUNO SOTA ORCHESTRAを観賞しに、下北のモザイクへ行く。
・水野創太は、遊ばせると非常に愛らしいと思う。
・その分、非常に憎憎しくも、思う。
・まぁ、これは、おおよそ恋に近い症状である。
・断っておくが、僕はノンケです。
・花澤くんは松潤に似ていて羨ましい。
・僕は二宮が好き。
・あくまでノンケである。
・でも、長澤まさみは好きじゃない。
・綾瀬はるかだったら許してたのに。
・しかし、二宮って、可愛いよね。
・だからノンケだって。
・水野創太達に別れを告げ、GARAGEへ行く。
・東京パレード×ストライカーズ×ninohiraのツアー初日。
・とても良い面子で、大変良いことだと思います。
・盛況の内に幕を閉じ、これから大阪・名古屋・京都だそうです。
・ファイナルは下北のQUEだそうです。
・しかし、何にしても村瀬社長に尽きると思う。
・エンターテナー暦、約一年。
・それにしちゃ恐ろしい完成度。
・純粋に好きだな。
・1番冷静であり、1番バランス感覚が秀でていると思う。
・最近は社長見たさに東パレを観に行っている気がする。
・あと、山崎氏のソロは、いつもながら非常にエロい仕上がり。
・非常に好ましいです。
・随分前から、氏と僕の間でAORについて語る事がある。
・氏は非常に上手く音に表現していると思います。
・アレが分かるって事は、僕も同様なモノを狙っているのでしょう。
・そういえば、二銭銅貨の西原からの電話があった。
・大学の近くで飲んでいるとの事でお誘いを受ける。
・断る。
・すまん。
・で、ふと、奴と二人で先日話した内容を思い出した。
・とにかく頭で考えたくない。
・音楽を始めてから培った概念やら常識やら、全て捨てたい。
・そんな事を奴は言ってました。
・音楽赤ちゃんになりたいってこと?
・あのね、今ね、僕も同じ事を思ってます。
・が、なかなか離れないんだ。
・でも、今は今で、非常に恵まれていると思うのだ。
・だから、もう少し頑張って、皆さんへお返ししたい。
・それは一体なんでしょう?
・恐らくですが、身近な人を喜ばせる事から始まりますな。
・その先にある、見ず知らずの人も喜ばせる可能性のある事。
・そんな事が出来るかも、と思う事。
・売れる売れないってのは後から付いてくるもの。
・身近な人を喜ばせる事が、第一歩。
・プレッシャーがもっと欲しいと思ってます。
・つまるところ、それは期待な訳です。
・東京パレードはそれと戦っていました。
・僕のジャッジでは、勝ちでした。
・僕らはまず、人に期待される事からだと思います。
・まぁ、その前に期待させないと。
・波は間違いなく来ているとも思います。
・水野創太もブログに書いていたが、今の僕らを見て欲しいです。
・凄い勢いで伸びてます。
・自分で分かるくらいだから、よっぽどな訳だ。
・ライブがしたいです。
・すぐにでも。
・そして、衝き抜けようと思います。
・上手く言えないけどねー。

以上。
纏まらないよねー。
やーい。
posted by だーます at 07:18| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

遂に、いらっしゃいました。

今日、僕は取り立てて何も起こらない日だと思い込んでいた。
しかし、こういう事は、得てして突然訪れるのだ。
そう、まさか、こんな事があるなんて。。。

※かなり下らない内容ですが、お時間のある方は続きをどうぞ。

「ピンポーン。」

そろそろ寝ようかと思っていた僕は、突然の呼び鈴に少し苛立ち、重い腰を上げた。
玄関の覗き穴から外を見るが、誰も居ない。

「悪戯かよ。。。」

苛立ちが増したものの、それならそれで僕は面倒な人とのやり取りをせずに済んだと思い、ベッドへ向かった。

「ピンポン、ピンポーン。」

少しの間もないうちにまた呼び鈴が鳴った。
僕は苛立ち任せに振り返り、ドアを思い切り開けた。
すると、物凄く派手な服装に身を包んだ男がこちらを向いて立ち尽くしていた。

DSC00705.JPG

「フレディ先生!」

そう、そこに居たのは、僕の恩師、フレディ・マーキュリー先生だった。
先生は僕の顔を見るなり、こう言った。

「少し、太りマシタカー?」

余計なお世話だ。
僕が何とも言えない表情をしていると、先生はフッと笑みを浮かべながら、僕の部屋へ入ってきた。
僕はこう言った。

「先生、今日こそは靴を脱いで入って下さいよ。ここは日本なんですから。先生の故郷のイギリスとは違うんです。」

先生はその言葉を聞くなり、いつもの日本語ワカリマセンのポーズを取り、結局土足で上がってしまった。

DSC00706.JPG

「先生。。。ったく、仕方ねーなー。」

僕の言葉に先生は声を出して笑いながら、冷蔵庫を物色しだした。

DSC00707.JPG

「ユーの家はビールも無いのデスカー。。。」

そう言って先生は冷蔵庫を閉め、ため息をつきながらトイレへ向かう。

「借りマース。」

先生は変な癖がある。
トイレのドアをいつも閉めない。
その癖はいつの間にか僕も感染してしまったのだが。

DSC00702.JPG

「先生、久しぶりにユーに会えてとても嬉しいデース。」

先生はトイレの中から話しかけてくる。
僕は適当に受け流し、ビールを買いに行く準備をしていた。

「先生。俺、ビール買いに行ってきますから、適当にくつろいでて下さいよ。ま、何もない部屋ですけどね。」

そう言いながら玄関へ向かう僕に、洗面所から先生が大声で話しかける。

DSC00703.JPG

「ユー、シャワー借り手も良いデスカー。」

僕は好きにして下さいと言い靴を履いた。
すると、ユニットバスの中から先生がまた声を掛けてきた。

DSC00704.JPG

「ユー、パンテーンなんか使ってるなんて、レディみたいで気持ち悪いネー。HAHAHA!」

僕は無視してコンビニへ向かった。
先生はいつも突然来て、好き放題憎まれ口を叩いて帰る。
今日も適当に飲まして寝かせてしまおう、なんて事を考えていた。

ガチャ。

ビールを買って帰って来たら、先生はシャワーを終えた様子で何故かキッチンにいた。
夕飯で汚れた食器を洗っていたのだ。

DSC00701.JPG

珍しい事が起きて、僕は目をパチクリさせていると、僕を見るなり先生が言う。

「ユー、流しはいつも清潔にしておきなサーイ。ガールフレンドが来た時にガッカリしマース。ま、どうせガールフレンドなんていないかもしれないけどネー。HAHAHA!」

痛いところを突かれ、僕は何も言い返せなかった。
とにかくお礼を言い、先生にビールを手渡す。
先生、今日はご機嫌だ。

先生は僕のパソコンの前に座った。
僕が見ていたウィキペディア。
そこに表示されていたミスターこと、鈴井貴之の項目を先生は見て言う。

DSC00708.JPG

「あー。水曜どうでしょうネー。先生も観てるヨー。彼らは面白いネー。」

先生と僕は少し水曜どうでしょうについて話した。
暫くすると、先生はおもむろにキーボードを触りだした。

DSC00709.JPG

先生はYOU TUBEの検索ワードに、こう打ち込んだ。

QUEEN

「先生。。。」

僕は思わず声が漏れた。
先生は少し寂し気にこう言った。

「ユー。。。黙って一緒に観てくれないカイ。。。」

パソコンからボヘミアン・ラプソディーが流れ出す。

DSC00711.JPG

先生の背中は少し震えていて、笑っている様にも泣いている様にも見えた。
僕は黙ってそれを見詰めた。
それに気が付いたのか、先生は明るく振舞って画面を指差す。

DSC00712.JPG

「先生の若い頃デース。我ながら髪型気持ち悪いデスネー。HAHAHA!!」

僕は思わず笑ってしまった。
確かに気持ち悪い。
でも、心の中では僕は先生を尊敬している。

「先生。先生はいつでも格好良かったよ。。。」

僕が小さな声で言うと、

「ン?何デスカー?ユーは時たま声が小さくていけまセーン。先生みたいにいつでもシャウトよ、シャウト。HAHAHA!!」

先生はそう言いながらビールを飲み込む。

DSC00715.JPG

「HEY!ユーのバンドのベーシスト。。。アー、デーハタでしたカネー?彼はジョンと同じプレベですネー。グッドチョイスです、グッチョイス!」

DSC00713.JPG

このあたりから先生は酔っていたと思う。

「HEYHEY!ユーのバンドのギター。。。アー、チャンゲでしたカネー?彼もブライアンと同じギターにした方が良いデース。上手くなるかもしれまセーン。HAHAHA!!」

DSC00714.JPG

「先生。デーハタでも、チャンゲでもないよ。大畑と田家だよ。」

僕がそう答えると先生は笑いながら言う。

「アーン。デブでもチャゲでも何でも言いデース。HAHAHAHAHA!!」

DSC00715.JPG

先生、更に飲む。
すると、先生は急に立ち上がりこう切り出した。

DSC00700.JPG

「先生、歌いマース!」

まずい。
近所迷惑だ。
僕は先生に止めてくれと言おうとした。
しかし、先生はどんどん乗り気になっていく。

DSC00698.JPG

「マ〜♪マ〜♪んー、今日は調子がいいデース。」

本格的ににマズイ。
僕は歌うのだけは止めてくれるよう必死に言った。

DSC00696.JPG

「ユー。。。先生の歌が聴けないって言うんデスカー!」

顔が怖い。
こうなると先生は止まらない。
まぁ、いっそのこと先生の歌に聴き入って、他の事は考えない様にいようと僕は気持ちを切り替えた。
先生は僕の部屋のロフトへ上がるハシゴをステージに決めたようだ。

DSC00694.JPG

「ユー。何の曲が良いデスカー?」

僕は何でも良いですと答えると、先生は得意満面にこう言った。

DSC00693.JPG

「それでは今日は特別デース。メドレーで歌ってあげまショー!」

先生が歌いだす。
近所迷惑かもしれないが、凄く贅沢な時間だ。
先生も高揚してきたのか一気に机の上へ飛び移り、更に力が増していく。

DSC00695.JPG

僕は急いでICレコーダーの録音ボタンを押したんだ。

07091800.DVF

先生は歌い終わった時、少し寂し気な表情を浮かべたのを僕は見逃さなかった。

DSC00697.JPG

「先生。。。ありがとう。。。」

先生は僕の言葉を聞いて、少し恥ずかしそうに笑った。
そして、ビールを取ってくれという仕草をする。
僕は先生にビールを渡し、自分のビールを一気に空けた。
僕たちは夜中まで色んな話をして過ごした。

暫くして僕がトイレに行き戻ってきた時には、先生はかなり酔っていたらしくベッドにうつ伏せで横になっていた。

DSC00716.JPG

先生は寝てしまったようだ。
僕は先生にタオルケットを掛け、心の中でおやすみなさいと言った。

DSC00717.JPG

僕はビールを飲みながら今日の出来事を反芻していた。
先生はどうして来たんだろう。
ふと、そんなことを考えていた。
もしかしたら、7月1日にリリースした音源を聴いてくれたのかもしれない。
先生は、そういう時には何も言わずに来てくれる人だから。
僕は、寝ている先生に向かって呟いた。

「先生。僕のバンドもいつか先生のバンドみたいになれるかな。。。」

何事も無かった様に先生は寝ている。
僕はビールを飲み干した。


〜FIN〜


編集後記

やぁ、やぁ。
まずは最後までお付き合い頂きまして、どうもありがとうございます。
ウダウダと書きましたが、このフレディ先生はですね、僕の弟からの誕生日プレゼントです。
デケーんだ、これがまた(笑)
いやはや、ありがとう、弟よ。
上記の途中で聴けるQUEENの曲は、実際にフレディ先生のボディから流れます。
これがまたデケー音なんだなー(笑)
テンション上がってですねー、写真バカバカ撮ったもんで、勢いついでに物語調に紹介してみました。
拙い文章でごめんなさいねー。
2時間近くかけてコレだから、つまりは才能無いよねー(笑)
うんこー!
posted by だーます at 01:58| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

スペイン激熱!!

やぁ、やぁ。
まずはこちらを。。。

スペインで裸のクロス・カントリー

だから、呼べよ!!って話。

さて、16日のライブはご来場頂きました皆様、どうもありがとうございました。
個人的には、アンケートのご回答内容も含め、沢山の「今日は凄く良かった。」と言う言葉に喜び一入です。
競演の「spaceQ」の皆さんとも打ち解けられたし(ライブも本当に良かった!が、キノシタ曰く、「普段は更に良い。」との事。凄いね、そりゃ。)、普段はサポートしてきた藤沢・豊島も競演だったし、かなり良い状況でのライブだったと思うのです。
これも単にGARAGEの若林マコト氏のお陰ですな。
「GOLD」、ナイスブッキング、流石じゃないか!
で、打ち上げは帰宅しかけていたケイティを呼び戻し、朝まで。
やんやでした。

いやぁ、それにしても、以前と変わったなぁと思うことが色々あるのだなー。
観てくれた人が、「良い。」って言ってくれる事が今は1番なのだな。
昔は、自分の出来次第で、フロアに下りていくのも嫌だったのに。
実際、16日も自分の出来としては7割くらいだったし。
が、大畑とその事を少し交わしたくらいで、即座にフロアへ直行だったもんなー。
変化していく自分を感じるのってーのが昔から好きだったのだけど、最近はその変化に頭が追いついてないのだ。
が、体は勝手に反応していて、その事に我ながら驚く。
良い傾向だと思う。
ドラムに関しては、今以上に反応速度を速めたい次第だけんども。
いやー、もっと応えられる様なドラムをねー、叩きたいもんだと。
グルーヴなんてーおこがましい限りなんだが、良いグルーヴを持った人間からは良いグルーヴが出ると信じて、良いグルーヴを持った人間に成るべく、日々精進せないけませんね。

ところで。
12日にですね、クハラカズユキ氏の著書「もろきゅう」が発売開始と相成った訳でございますが、ワタクシ、未だ購入出来ておりません。
なんたること!!
まぁ、理由は金欠。
あー、欲しいなー。
誰か買ってくれねーかなー。

あ、もう一つ話題が。
僕の大学からの腐れ縁、町田弘行という脚本やらを手がけている人間がですね、僕の事もほんの少ーしだけ書いてあるエッセイ調の書籍を近々発売だと連絡してきました。
いや、既に発売なのかな?
タイトルは、以前に貰った版下チックなものから変わってなければ、

「僕たちの失態」

だそうです。
ちなみに、その僕たちってのには、僕は入りません。
彼的には仲間に入れたいところでしょうが、断固拒否。
やめてよ。
失態だなんて失敬な。
と、大学時代を振り返ってみたところ、あるなー、だいぶ。
失態やら醜態やら。
例えば、酔った勢いで、駅の改札前で消火器ぶちかましたり。
例えば、酔った勢いで、練馬から秩父までヒッチハイクしたり。
例えば、酔った勢いで。。。

てゆーか、バカか!
あんなモン、本にすな!!
恥ずかし過ぎるわ!
あー、今からでも関係無い事に出来ないだろうか。。。
差し止められねーかなー。。。

追伸。
実際に発売される町田の本は、彼の人間性を象徴するバカでセンチな、半病人のお話です。
半病人ってーのは良くないか。
まぁ、へそが無い男のエレジーとでも申しましょうか、なんともまぁ、切ない仕上がりとなっているのではないでしょうか。
ま、僕はホントに少ししか出て来ませんけどー。
なんつって。
詳細が判明したら、また情報アップします。

とりあえず、町田よ。
発売おめでとう。
次は、僕をもっとクローズアップして下さい。
posted by だーます at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

てなワケで、日付変わって本日です。

9月16日(日)下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/ spaceQ / 藤沢朋幸(東京パレード)・豊島圭(デフロスターズ) / BLANKGARDEN / シイラシアペガニズム
OPEN 18:00 / START 18:30 
前売券¥2000 / 当日券¥2300

出番は21時過ぎからです。
が、頭から来ても楽しめる面子である事は、僕が保障します。
間違いなし。

当日いきなり来られても前売で大丈夫な様にマジック使っておきますんで、20時くらいまで悩んで、「あ、やっぱ行くかな。」ってなっても平気ですから、お願いですから来て下さい。
お願いします。

来てくれる事が誕生日プレゼントです。
1番欲しい誕生日プレゼントは、ライブを観に来てくれる事です。

頼むよー、みんなー。
posted by だーます at 01:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

酔ってたの、もしかして。

さぁさぁ。
近づいてまいりましたー。
まずはこちらのライブ告知からー。

9月16日(日)下北沢 GARAGE
「GOLD」
w/ spaceQ / 藤沢朋幸(東京パレード)・豊島圭(デフロスターズ) / BLANKGARDEN / シイラシアペガニズム
OPEN 18:00 / START 18:30 
前売券¥2000 / 当日券¥2300

あー。
今回予定していた、藤沢・豊島への参加は諸々の都合により無くなりました。
あしからず。
ただ、2人共、非常に気持ちのこもったライブを披露してくれるはずです。
1番目の彼らから観て、絶対に損はないと思うのです。
勿論、僕も最初から見届けようと思ってます。

さて、僕は今、これをパンツ一丁で書き上げている次第なんですが、みなさんはどんな格好をしてますか。
勿論、外でこれを読んでいる人。
自宅で部屋着。
裸。
裸エプロン。

裸エプロンかー。
あんま好きじゃないかなー。
どうなのかなー。
うーん。
裸エプロンってーのはさー、通常、服の上から身に付けているものを、直接肌の上に着てるってーのがいいワケでしょー。
するってーと。。。

大好きじゃないのよ、僕。

裸。
エプロン。
サングラス。

サングラス?
サングラスかー。
裸にサングラスって、なんであーも間抜けなんだろーなー。
まぁ、言うに及ばず大好きなんだけど。
裸にニット帽とかも。
さいこー、アレ、さいこー。

あー、また今日もどうしようもない話になっちゃったなー。
あー、あー。

えー、最近の若い人は、「安倍晋三」と書けないそうです。
僕は書けます。

あー。
全く立て直せないなー。
あー。
たぶんあまり立て直す気も無いんだなー。

こんな僕ですが、16日は真面目に叩きますからー。
ビシッとやりますからー。

あー。
もうすぐ誕生日なんだよなー。
9月13日、僕の誕生日。
9月14日、大畑の誕生日。
9月13日は、有名人だと。。。

・松坂大輔
・サンコンJr(ウルフルズ)
・まりん(元・電気グルーヴ)
・三原じゅん子
・玉置浩二
・山田洋次
・杉田玄白

ですって。
玄白アツイなー。
で、9月14日は。。。

・安達祐実
・福澤朗
・パッパラー河合
・矢沢永吉
・赤塚不二夫

だってー。
うーん、赤塚。
赤塚は羨ましいけど、安達がなー。
しかも安達は大畑と生年月日が丸被り。
いやだなー。
よかったー、13日で。

あー。
そういえば昔さー、以前のブログに、「松坂がメジャーに行く前にメジャーへ。。。」的な事を書いたんだけどねー。。。

まいったなー。
一歳上にあんなんいるの。
奥さん可愛いしなー。
柴田、好きだったんだけどなー。

ま、いいや。
9・11。
沢山の人が一瞬で居なくなった日。
そっちの方が、よっぽどだ。
陰謀説やら何やらあるが、そんなんどうでも良くて、居なくなった事でこっちに残された人が堪ったもんじゃないって事。
残されるのは嫌だなぁ。。。
居なくなるのも嫌だけど、残されるのはもっと嫌だ。
なんだかなー。

とっちらかった文章でごめんなさい。
雨も降りますわなぁ。。。
posted by だーます at 22:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ねぇ、肩になんか乗ってるよ。

そんなこんなで、昨日の続きー。

9月2日(後編)
フルカワとの思い出を、肩で風を切りやり過ごし、テクテクと水道橋方面へ。
すると、ファミリーマートがあったので、何気無しに入店。
が、そこには目を疑う光景。

卓球場.JPG

卓球場?
何故?
コンビニの中なんだけども。。。
「店長が卓球大好き。店長が卓球大好き」と、やりきれない自分に言い聞かし、その場を後に。

水道橋付近に戻り散策。
遠目に神社発見。
神社マニアの僕としては行かない手は無し。

O蒹.JPG

三崎神社と言うそうな。

O_.JPG

ビルの喧騒の中、ひっそりと佇むその姿に暫し浸る。

お百度石.JPG

受験生御用達のこんなものも。
いやー、神社はやはり良い。
落ち着く。

で、またもフラフラと歩いていたところ、かの有名な建築物と遭遇。

神田教会.JPG

荘厳な建築物で、暫く魅入ってしまった。
先程の和特有の様式美と洋の様式美。
どちらも素晴らしいと思うのだなー。

で、またもプラプラ。
そこで、はたと気付く。

「この街、坂が多い。。。」

と言うワケで、坂探しの始まり。
いくつか名前のある坂を見つけたが、とりあえず特徴のある2つを。
まずはこれ。

女坂.JPG

X[v.JPG

「女坂」って坂。
途中がスロープ状になっていて、休み休み昇れる事から女性に優しいとの事。
「って、ことは、男もあんな。。。」と、暫し探してみたところ。。。

男坂.JPG

やっぱしあった。
ストレートな少々急勾配な坂。
まさに男。
ここをウサギ跳びなんかで昇った日には、自分が男に生まれた事に後悔すること請け合い。
ちなみに、明学付属高校の敷地の真ん中にある。
昔の野球部、本気でウサギ跳びとかしてたろうね。
きつかったろうね。

で、そろそろ時間ってことで、アンチヘブリンガンへ戻る事に。
が、その途中にも魅力的なモノが沢山。
「東京音大発祥の地」なんて石碑や、ジャンプの集英社のビル、演劇雑誌テアトロのビル。
独り上がった。
で、会場到着。
本番はつつがなく終わり、内田氏の誕生パーティーへと移行。
直前に到着していた大畑と内田氏、吉川氏と談笑。
シルバニアスリープを観に行くと言う大畑を見送り、片付けも終了し帰宅。
最後は、内田氏と大畑を。

大畑内田.JPG

非常に有意義な一日だった。
posted by だーます at 17:10| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

いやー、油断したよねー。

というワケで、少々放置してしまってました。
申し訳ござーません。

さて、最近の僕の近況をご報告。

8月31日
前職の友人と会う。
近況の報告など。

9月1日
怒涛の一日。
夕方、Riverside50/50でリハ。
スタジオでQUATTROの中島ケーゾー師匠たちと遭遇。
その後、GARAGEへ。
この日はペトロールズとクロニクルズのライヴ。
が、ソールドアウトの為、中に入れず。
楽屋に居たところ、リトルハンセンの北原氏と北沢音楽祭以来に会う。
クロニクルズ・岡本氏たちに挨拶。
ナベロック氏は、この日は洋菓子スタイル。
ぺトの長岡氏と軽く談笑。
キノシタタカトがごく普通にチケットを購入し観覧しとった。
岡本氏と込み入った話を。

で、諸々の都合で大分遅れて渋谷へ。
uchinoriのリハ。
一時間ほどで突貫工事ばりに合わせ、終了。
帰宅。

9月2日
uchinoriのライブ。
場所は水道橋のアンチヘヴリンガンってカフェ。

A`hA.JPG

店内はこんな感じ。

A`EX.JPG

諸々の都合で告知はせず。
主役はこの人。

.JPG

リハ集合が13時半と早く、14時半頃には終わり、特にやることが無かった為、近辺を散歩。
テクテクと神保町の方まで。
大学を辞める頃にお世話になったバイト先へ。
この日は休みでしまっていたがとても懐かしかった。
あの時は大変な迷惑を掛けてしまった事に、未だに悔恨している自分がいるようだ。
で、そのバイト先はシルバニアスリープのフルカワタクマも同時期にいて、まぁ、昼の休憩に共に飯を食ったりしてた。
フルカワと僕の、共通の先輩の職場であったのだな。
ご迷惑お掛けしました。。。
で、画像は当時、僕とフルカワが飯を食ったベンチ。

x`.JPG


かなり長くなりそうだから、続きはまた後日。
posted by だーます at 23:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。